FX基礎用語

基本的な用語をさらっと記載してみました。

 

 

 

スプレッド

購入価格と売却価格の差額のことで、実質FX会社の手数料のようなもの。

 

通貨ペア

どの通貨でどの通貨を売買取引するのかと言う通貨ペアのことです。例:米ドル/円、ユーロ/円など。

 

レバレッジ

手持ちの資金(証拠金)で、何倍もの大きな額の取引を行うこと。

 

証拠金

取引を行う際の担保資金のこと。

 

信託保全

FX会社が、顧客から預かった資金を信託銀行に預託することで、万が一FX会社が倒産しても預託金が保証されると言うもの。信託保全にも、完全信託と一部信託の2種類があるので注意。もちろん完全信託がオススメ。

 

スワップ

取引する通貨の2国間の金利差のことです。日本のような金利の低い国の通貨で、金利の高い国の通貨を購入した場合、その生じた金利差分を毎日受け取る事ができます。当然その逆のパターンもあります。

 

ショート

売りのポジションをとっている状態のこと。

 

ロング

買いのポジションをとっている状態のこと。

 

ビッド(bid)

買い手の希望価格のこと。こちら側から見ると売値。

 

オファー(offer)またはアスク(Ask)

売り手の希望価格のこと。こちら側から見ると買値。

 

ピプス(pips)

取引レートの最小単位。

 

両建て

同じ通貨ペアで、買いポジションと売りポジションを同じ枚数持つこと。上がっても下がっても相殺されるので、相場の影響を受けなくなる。

 

約定

売買取引が成立すること。

 

すべる

自分の不利な方にズレてた価格で約定することです。スリッページが発生するとも言います。
ちなみに、有利な方向にスリッページが発生した場合は、設定したスリッページ幅に関係なく、その値段で注文が成立します。

 

スリッページ

注文を出した値段では成立せず、不利な方向にずれて成立する場合の許容幅のことです。

 

ストリーミング注文

リアルタイムで変動している為替レートに対して、その時の価格のタイミングでクリックして売買する注文のことです。成行注文と同じです。

 

指値注文(リミットオーダー)

売りたい価格や買いたい価格」を指定して注文を入れることです。

 

逆指値注文(ストップロスオーダー)

万が一、自分にとって不利な方に相場が動いた場合、それ以上損失を拡大させないように、「売りたい価格や買いたい価格」を指定して注文を入れておく方法です。

 

OCO注文

「One cancels the other」の略で、指値注文と逆指値注文2つを同時に発注し、片方が約定したら、もう片方の注文が自動的にキャンセルさせる注文の事です。
例えば、米ドル/円82.50で買いポジションを持っていたとして、82.70になったら利益確定売り、もし82.20になったらロスカット売りと言うように使う注文です。

 

IFD注文

「If Done」の略で、2種類の注文を同時に発注し、最初の注文が約定したら、次の注文が有効になる注文の事です。
例えば、米ドル/円でポジションを持っていなく、82.50の抵抗線を超えたら82.60で買い注文を入れ、それが約定したら82.80で売注文を入れると言うように使います。

 

IFO注文

「If Done + One cancels other」の略で、IFD注文とOCO注文を組み合わせた連続注文です。
例えば、米ドル/円で現在82.50だったとして、82.60になったら買い注文を入れ、それが約定したら82.70で利益確定売りと、82.40でロスカット売りを同時に入れると言うような注文を出したい時に使います。その際、82.70で利益確定売りが約定すれば、82.40で出していたロスカット売りがキャンセルされると言う感じです。

 

トレール注文

逆指値注文に値幅の指定機能がついた注文で、為替相場の変動に伴って、一定の値幅で自動的に逆指値注文が更新されていくため、トレンドの勢いが強い時に使うと非常に便利な機能です。
例えば、経済指標発表後などで非常に強い上昇トレンドが発生し、トレール注文で買い注文を入れたとします。その際、トレール幅を10pipsとした場合、上昇トレンド中は逆指値がどんどん切り上がっていき、下がり始めてから10pips下がった時点で自動的に売り決済されると言う仕組みです。

 

マージンコール

評価損益が証拠金の一定額を超えた場合に、注意喚起する制度。大体メールで連絡が来る。

 

強制ロスカット

証拠金が一定以上下回ると、顧客のそれ以上の損失の拡大を防ぐため、強制的に反対売買が行われるシステム。

 

スキャルピング

数分程度で売買を繰り返し、わずかな利益を積み重ねてゆく売買手法のこと。

 

スイング

一般的に数日~1週間程度で行う短期取引のこと。

 

テクニカル分析

過去の価格の変動や推移などを統計的に分析し、将来の相場の方向性を予測すること。

 

ファンダメンタルズ分析

様々な経済指標を分析し、将来の相場の方向性を予測すること。主要国の景気・政治・経済動向、要人発言、主要国の株価変動、原油価格などに注意。

 

FOMC

連邦公開市場委員会の略称で、米国の金融政策を決定する会合のこと。年に8回(基本的に6週間毎の火曜日)開催されている。発表される経済指標は、市場に圧倒的な影響を及ぼすため、発表された瞬間に激しく価格が変動する事が多い。初心者の方が、この時にいきなりポジションを持つことはかなりリスキーなので、見て勉強するだけにしておいた方が良いです。

 

バイナリーオプション取引

10分後などの一定期間経過後の為替相場を「上がる(円安)」か「下がる(円高)」かの二者択一で予想するシンプルな取引。値幅がいくら動いても得られる利益は全く同じ。